ENG日本語

Our Purpose


The Chamber's original mandate was designed primarily to facilitate trade between the U.S. and Japan. However, as globalization of the world economy continues, our mission has expanded to include supporting the business relationships that flourish between the Japanese and American communities in New York, and to close the cultural gap that hinders complete economic cooperation. Also, it is imperative that our economic leaders embrace social responsibilities and contribute to the community. The Chamber actively encourages its members to develop friendships with leaders in their local community, as well as government officials, by hosting numerous luncheons, symposiums and other activities. Functioning as a not-for-profit organization, The Japanese Chamber of Commerce and Industry of New York, Inc. will continue to be the mediator between our two nations and work to achieve the goal of the Chamber's founding fathers: a bilateral relationship based on friendship and cooperation.


Our History


On November 14, 1932, fourteen prominent Japanese businessmen established the Japanese Chamber of Commerce of New York, Inc. in order to foster and promote friendship and economic relations between the United States and Japan. Early 20th Century activities included hosting Japanese business and political delegations, including the first visit to the U.S. of an Emperor and Empress in 1975.

As its ties to New York deepened, the Chamber established more ways to connect with the local community, creating the U.S. Educators Program in 1989 and supporting other initiatives through the charitable giving of the J.C.C. Fund. And having published a number of texts dealing with Japanese trade, investment and other economic issues over the years, over 80 years after its founding the Chamber still functions to bring the business leaders of the world's two largest economic superpowers closer together.

JCCIのミッション


当商工会議所の当初の任務は、主に日米間の貿易を促進することでした。しかし、世界経済のグローバル化が進む中、私たちの使命は、ニューヨークにおける 日米間のビジネス交流を支援し、完全な経済協力を図る上で妨げとなっている文化的なギャップを解消することにまで拡大しました。そしてまた、経済界のリ ーダーは社会的責任を果たし、地域コミュニティに貢献することが必要不可欠となります。当商工会議所は、昼食会やシンポジウム、その他数多くの活動の開 催によって、会員の皆様が地域コミュニティのリーダーや政府関係者と親しみ、交流を深めることを積極的に奨励しています。ニューヨーク日本商工会議所は、 非営利団体として活動しており、今後も日米両国の仲介役として、友好と協力に基づいた二国間の関係構築という創立者が掲げた目標の達成に努めてまいり ます。


JCCIの歴史


1932年11月14日、日本の著名な実業家14人が、日米間の友好と経済交流の育成及び促進を目的として、ニューヨーク日本商工会議所を設立しました。 20 世紀初頭の活動には、1975年の天皇皇后両陛下の初訪米を含む、日本経済界及び政治界の代表団の受け入れが含まれていました。 ニューヨークとの結びつきが深まるにつれ、1989年「米国教育者プログラム」の創設や、J.C.C.ファンドからの慈善寄付を通じたその他取り組みへの支援など 、より多くの方法により地域コミュニティとの結びつきを強めていきました。 また、日本の貿易、投資、その他の経済問題を扱う多くの文書を長年にわたって発 表してきましたが、設立から80年以上が経過した今でも、世界二大経済大国のビジネスリーダーたちを結びつけるための機能を果たしています。

Overview
Activities
President
Officers
Committees
Directors
J.C.C Fund